これまでとは異なる会津若松の魅力が伝わる

株式会社ポニーキャニオンは、2020年3月23日、会津地域スマートシティ推進協議会(福島県会津若松市)と共に会津若松PR動画を制作・公開したと発表しました。

この動画は、3名の外国人ユーチューバーを起用したインバウンド観光向けのもの。それぞれ国籍の違う3名により、これまでとは異なる会津若松の魅力が伝わる動画となっています。

3名がそれぞれの視点で会津若松の魅力に迫る

会津若松市は、2020東京大会においてタイ選手団のキャンプ地になることが決定しています。この点に、会津地域スマートシティ推進協議会は着目。タイ人ユーチューバーを活用することでタイからのインバウンド誘客を図ると共に、欧米系の誘客も図るべくオーストラリア人とブラジル人ユーチューバーも加え、今回の動画を制作しました。

このPR動画では、東京・浅草駅から東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道を利用した会津若松市へのアクセスに始まり、市内の観光スポット巡りやグルメなどを紹介。3名がそれぞれの視点で会津若松の魅力に迫っており、見比べても楽しめる内容となっています。

会津地域の観光資源の魅力に注目してほしい

この動画をポニーキャニオンと共に制作した会津地域スマートシティ推進協議会は、スマートシティモデル構築により地方行政が抱える課題の解決を目指している協議会です。産官学金労言が一体となる形で構成されており、会津大学や会津若松市、東邦銀行やアクセンチュア、JR東日本企画も名を連ねています。

ポニーキャニオンと同協議会は、この動画を通じて会津地域の観光資源の魅力に注目してほしいと願っています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ポニーキャニオン
https://www.ponycanyon.co.jp/

こんな会津若松があったのか!3名の外国人ユーチューバー動画、3本同時公開! – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/