「動画編集はできるのに案件が見つからない」
「仕事を探すリソースがなかなか作れない」
「事務作業はせずに、映像制作だけに集中したい」

現在、動画編集や動画制作に関する仕事をしている方で、上記のような悩みに頭を抱えることは多いのではないでしょうか。

とくに個人で活動している場合、請求書の作成や撮影場所の許可取りなど、映像制作以外の作業に時間を取られることも多いです。

なかなか動画制作だけに集中できる仕事状態を作るのは難しいでしょう。

そのような方におすすめなのが、動画制作会社などが募集しているパートナー契約です。企業と業務提携パートナーとして契約をすることで、仕事をとってくる作業を任せられます。

そこでこの記事では、動画制作会社のパートナー募集がどのようなものか、必要とされるスキルや契約内容などを解説していきましょう。

動画制作パートナーとは

動画制作パートナーとは、その名の通り動画制作を行う「パートナー」のことです。ただパートナーといっても具体的にどのようなことをするのかわからないでしょう。

ここでは、パートナー契約を結ぶことで、動画制作者にどのような利益があるのか解説します。

上述しましたが、動画制作パートナーとは、動画制作会社と連携して動画撮影や編集、マーケティングなどを行うパートナー契約のことです。

多くの場合、企業が個人(個人事業主・フリーランス)へ向けてパートナー契約の募集をかけています。

基本的に、募集をかけている企業は多くの案件を抱えています。そこに動画制作パートナーとして契約することで、あなたにあった案件を振るといった仕組みです。

ほとんどの案件では、パートナーが動画制作だけに集中できるよう、細かい事務作業や書類などは企業が請け負っています。

個人で働いていると営業や事務作業に労力をかけなければなりません。しかし、パートナー契約を結んだら動画を作ることだけに注力できます。

これが動画制作会社が実施しているパートナー募集の内容です。

パートナー募集を出している会社は、各会社のホームページやクラウドソーシングサイトで募集をかけています。とくに近年は、クラウドソーシング(ランサーズやクラウドワークス、ココナラなど)を利用する企業は非常に多くなっています。

そのため、企業とパートナー契約を結びたいと考えている動画制作者は、企業の応募フォームから連絡を入れたり、クラウドソーシングを利用したりするのがおすすめです。

動画制作パートナーとして採用される職種

動画制作会社とパートナー契約を結ぶ場合、会社によって採用される職種は異なります。

企業によって募集している内容はさまざまです。映像クリエイター・Flashクリエイター・フォトグラファー・映像編集スタッフ・3D CGクリエイターなどがあります。

そのため、あなたの得意分野でパートナー契約を結ぶとスムーズに仕事を進められるでしょう。

映像制作会社がメインに扱っている案件を確認して、ミスマッチが起きないように注意してください。

動画制作パートナーになるための必要なスキル・資格は?

動画制作パートナーになるために、必要なスキル・資格があるのか気になる方も多いでしょう。

実はパートナー募集を行っている会社の中には、ほとんど未経験の方でも採用される場合はあります。しかし、他のクリエイターと差別化できるスキルや資格を持っていると、採用率や報酬は上がる可能性が高いです。

そこでここでは、最低限身につけておくとおすすめなスキルや資格をご紹介します。

まずは、何かしらの撮影経験があると、採用率は非常に高くなります。たとえば、テレビCMやWebCMの撮影経験、企業向けの各種プロモーション映像、ミュージックPVなどです。

動画制作のメイン部分となるので、いろいろな撮影経験がある場合は有利です。さらに、受け取れる報酬も交渉しやすいでしょう。

そのほかに、ドローンなどの特殊なカメラを扱える技術があるとさまざまな案件を任せてもらえます。

パートナー契約を結ぶ際には、自分が過去に作成した動画を送るのがおすすめです。あなたがどのような動画を撮影できるのかを、企業の採用担当者の方に伝わりやすくなります。

編集実務経験も重要なポイントです。シネマティック風の編集技術などやPV、CMの編集技術などです。

「撮影+編集」の契約内容は多く、編集業務もできると採用される確率は高くなります。

とくに近年は、企業もYouTubeチャンネルを運営されている場合があります。そのため、YouTubeに合わせた編集スキル(Adobe AfterEffectなど)も持ち合わせていると、受けられる仕事の幅は広がるでしょう。

また、漫画動画も人気ですので「VYOND(ビジネスアニメ制作ツール)」などを扱えると企業にとって魅力的な人材です。


動画制作の分類ではないですが、Webデザインのスキルを持っていると非常に有利です。

現在は、Webメディアを使ったコンテンツマーケティングが主流。WebデザインのスキルがあるとWebメディアが持つ特徴を理解しやすくなり、サイトに合わせた動画作成をできるでしょう。

HTML/CSSなどのコーディングスキルも身につけておくとおすすめです。

動画制作の技術だけでなく、マーケティングスキルも身につけておくと採用率は高くなるでしょう。

動画制作も何かしら目的があって依頼をされています。作って終わりではなく、作成した動画からどのように利益を生み出すのか。

このような視点のマーケティングスキルを持っていると採用率は高まるでしょう。

たとえば、担当した広告動画からCV(コンバージョン)を増加させた経験があると非常に有利です。

まずはパートナー募集へ連絡してみよう!

映像制作会社とパートナー契約を結びたいと検討されている方は、まず企業へ応募してみるのがおすすめです。YouTubeやインスタグラムなどが普及したことにより「動画」というコンテンツ自体が非常に注目を集めています。

今後もさらに動画制作の需要は伸びる可能性が高いため、今のうちにパートナー契約を結んでおくとさまざまな案件を任せてもらえるでしょう。

現在、スキルは持っているけれど仕事が取れない、営業が苦手だという方は、ぜひパートナー契約に応募してみてはいかがでしょう。

(写真はunsplashより)