近年、動画広告や動画コンテンツをマーケティングに使う企業が増えています。動画は企業紹介や、新商品やキャンペーンのPR、新店舗オープンの告知など、様々な使い道があります。

文字だけよりも多くの情報とインパクトを残すことができるのが大きなメリットです。

動画広告市場は拡大市場でもあるので、これから参入するのはとても効果的だと考えられます。この記事では、プロモーション動画制作をするにあたって押さえるべきポイントをご紹介します。

(画像はイメージです)

成功するプロモーションビデオの条件

動画制作は、静止画像はもちろん、同じ映像と考えられがちなテレビともまた違うポイントがあります。

コツを押さえることで、効率的に動画制作をしましょう。

動画制作においてまずすべきことは「ターゲット」の選定です。ターゲットを明確にすることで、そのターゲットにもっとも響く動画が作れるようになります。

ターゲットを選定する際には、性別、年齢、興味関心、バックグラウンド、休日の過ごし方などを設定します。多くの人に当てはまるような設定をしがちですが、プロモーション企画に合わせてなるべく詳細に設定しましょう。

あなたがPRしたい商品には、色々な魅力、強みがあることでしょう。しかし、動画の時間も限られている、他にも沢山のPR動画がある中で目立つには、あれもこれも伝えてはいけません。

色々なことを伝えようとしても、印象が分散されてしまうだけです。伝えたいポイントをいくつかに絞って、集中的に訴求する動画にしましょう。

動画広告において大事なのは、「最初の5秒」です。例えばYouTube広告では、最初の5秒をすぎるとスキップが可能になるため、スキップをするかしないかの判断は、最初の5秒に委ねられていると言っても過言ではありません。

また「動画」と「テレビ」の違いの一つは、「動画」は短時間でサクッと見たい人が多いという点です。その観点からも、第一印象で「もっと見たい」と思われないと、どんどん別のコンテンツに移ってしまいます。

まとめると、どれだけ短い時間に印象を残すかが大事です。

また、プロモーション動画の場合は、全体としても1分程度にまとめる方が良いでしょう。動画は、スマホなどで「スキマ時間」を使って観る人が多いため、長い動画を最後までみてもらうことは難易度が高いです。

企業のPR動画となれば尚更です。全体としても60秒程度の動画にしましょう。

プロモーション動画では、ナレーションやテロップを入れることも効果的です。

「動画」の特徴として「ながら視聴」が挙げられます。

YouTube動画でも、何かをしながら「耳だけで聞く」という動画の消費の仕方をしている人がいれば、逆に電車などの中で「音を消して画面だけを観る」という消費の仕方をするなど、人によって様々な動画の見方をします。

聞くだけで理解したい人にとっては、ナレーションがあれば、スキマ時間に聞きやすいでしょう。

逆に視覚だけで理解したい人にとっては、大事なところにテロップがあれば便利です。

ユーザー体験を優先するならば、ポイントになる部分にナレーションやテロップを入れるのは大事なことです。

映像制作をプロに依頼するメリット

映像制作にあたっては、プロの業者に依頼するのがベストでしょう。多少コストはかかりますが、依頼するメリットの大きさをご紹介します。

動画の企画や構成は、ノウハウがないと、なかなか良いものにはなりません。

本当に伝えたいことがブレて、余計な情報を加えてしまったり、逆に肝心な部分が足りなかったりしてしまうものです。

内部の慣れていないスタッフに時間をかけてやらせるよりも、プロに任せれば、伝えたい情報を効率的に構成してくれます。内部リソースの効率化にもなります。

当然プロに依頼すれば、クオリティの高い映像を制作してくれます。

プロには、一般用のカメラより画質や性能が高い業務用のビデオカメラがあり、それを扱うための技術もあります。

映像コンテンツを作るのであれば、少しでも画質の高い映像の方が良いでしょう。

動画素材の質の高さだけでなく、それを編集するスキルもアマチュアとは段違いです。

エフェクトやテロップをデザインすることで、より内容が伝わりやすい動画にすることができます。視聴者にとってよりストレスの少ない動画にするには、スムーズな編集がマストです。 

以上のように、動画を制作するというのは、様々な技術やノウハウが必要になります。社内の素人スタッフで対応することはあまり現実的ではありませんし、相応の効果を発揮させることが可能です。

映像制作をプロに依頼するときのポイント

最後に、いざ映像制作会社に依頼をする際のポイントをまとめます。

まずは、最も伝えたい「訴求内容」を明確にしましょう。そこがブレていると、そもそも企画も構成もできません。そして、動画によって目指すべきゴールを業者と共有しましょう。

制作会社によって、それぞれ得意な動画の種類があります。お互いが納得するためにも、自分たちが作りたい動画のイメージと、制作会社の得意分野が合っているかを下調べしておくと良いでしょう。

制作会社のホームページなどを見れば、制作事例が載っているかもしれませんので、動画の雰囲気、ジャンルなどを事前に確認してみてはいかがでしょうか。

もし作りたいイメージの事例があれば、それを伝えることで、希望のイメージに仕上げてくれると思います。

打ち合わせが終わって見積もりが出たら、その内訳を詳細に確認しておきましょう。

制作に取り掛かる前に確認しておかないと、予想外の追加料金などが発生する場合もあります。編集する際のロゴの作成、画像のデータ料、修正などに別途費用がかかるかもしれません。

後からトラブルにならないようにするには、事前の確認が必須です。

まとめ

PR動画は、一度制作してしまえば、色々な場面で使い回すことができる便利なものです。

紙媒体や画像に比べて記憶にも残りやすいので、顧客獲得につなげたり、ブランディングに利用したりと、大活躍間違いなしでしょう。

動画マーケティングを成功させて、ビジネスを加速させましょう。